電気誘導翻訳機能付「さとり」分電盤

お困りごとはありませんか?

電気誘導翻訳機能付「さとり」分電盤

生体エネルギーでもっと電気が使いたくなる

IHとは 「induction heating」を略したものであり、IH調理器とも呼ばれます。日本ではガスや火を使用せず、電力のみで動作するIHコンロを主に指す場合が多いです。

電気は私達の生活において、照明・テレビ・音楽・熱源・調理など、欠くことのできないエネルギーとして、その使用量は年々増加しています。それだけに、電気の「機能・内容・性質」は、「人の命と健康」において重要なカギを握っています。電気誘導翻訳装置「さとり」は、生体エネルギーを応用することで、電気の内容を高め、働きを向上させるものです。また。「さとり分電盤」は、今まで電気誘導翻訳装置が設置できなかったアパートやマンションなどに最適な商品です。もちろん、既に電気誘導翻訳装置を設置されている方にも、更に生体エネルギーをプラス1高める商品としてお薦め致します。

「さとり」分電盤の画像

また、中のセラミックの数を目的によって変える必要があります。(価格は容量によって異なります)この容量が大きければ大きいほど、仕事量は高くなります。
ご使用になる工場などの目的によって最適を選ばれる必要がありますので、お気軽にご相談ください。お客様に最適な仕様をご提案いたします。

●設置例
「さとり」分電盤設置写真 「さとり」分電盤設置写真 「さとり」分電盤設置写真

電気誘導翻訳機能付「さとり」分電盤に関する詳細は、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ:株式会社グリーン設備:04-2903-0963

●パンフレットはこちら →【電気誘導翻訳機能付「さとり」分電盤パンフレット

●生体エネルギー応用商品取り扱い店→【源株式会社

 

開発:生体エネルギー研究所

生体システム実践研究会

 

ページトップへ